insect exterminator

恐怖のスズメバチ

ハチは貴重なタンパク源

スズメバチは、ある地方では、タンパク源として考えられてきました。山間の住人は、秋が深まってきたときに、目印を付けた餌をセットし、その餌を持ち帰るハチを追いかけて、巣を特定した上でそこにいる幼虫などを食していたのでした。もちろん、下手をすればハチに刺されるわけですが、長年の経験と勘で、うまく狩りを続けていたわけです。このころは、野山も多く、人の被害もなく、退治するという感覚はなく行われていたと考えらえています。この方法は現在でも行われていますが、一般的とはいえず、よく知らない人から見れば、ハチはただの怖い虫という風にみられるようになってきました。さらに、自然破壊により、ハチが生活圏に入ってきたことから、人間の生活を守るためにも退治する必要が出てきました。

人間が被害に合わないように

開発が続けられていくと、ハチの生息域が減り、餌が減ってくることで、都市型のハチが増えてきています。特に、キイロスズメバチなどの大型で攻撃的なハチが、猛威を振るうようになってきており、その被害も目立ってきています。季節的にも同時期に重なることから、休日などは、どうしても近所の専門業者に依頼して退治してもらうことができにくくなっています。しかし、最近では、インターネットの普及により、もう少し範囲を広げた業者を知ることができやすくなっています。ハチ退治をしてくれる業者は無料見積りを行っているところも多く、その価格についても明記しているところが多いので、依頼しやすくなってきております。今後も増えてくるハチの被害を想定して、今のうちに業者を探しておくのも一つの手です。